肩こりを改善する方法を解説していきます。

はじめに肩こりを我慢している方は多いと思います。

肩を揉んだりマッサージされる方も多いのではないでしょうか。

その時だけは楽になるけど・・・という経験をされている方も多いと思います。

さがみ鍼灸整骨院では、肩こりは肩だけの問題として捉えていません。

デスクワークなど身体にかかる負担の問題だけでなく、ストレスや将来への不安など

精神的な問題とも深く関係していると考えています。

カウンセリングをしながら、さまざまな方面から原因を追究していきます。

肩こりとは

肩こり」とは首の付け根付近から肩または肩甲骨辺りにかけての筋肉がこわばったような不快感のことを指しています。

主な症状としては違和感、重苦しさ、鈍い痛み、だるさなど、人によって症状は異なります。

肩こりという言葉は夏目漱石が作ったとも言われており、海外には肩こりという概念がないそうです。

なぜか、日本の女性に多いそうで、同じアジアの女性でも韓国や中国などでは肩こりの概念はないようです。

日本人女性のなで肩と肩こりが関係しているともいわれていますが、はたしてどうなのでしょう?

しかし日本人の成人男女合わせて、肩こりを感じていないという人は非常に稀なのではないでしょうか。

それほど多くの人が多かれ少なかれ、肩周辺に何かの違和感を感じているという症状が、

「肩こり」ということなのでしょう。

また肩こりの度合いよりも、その人の感性によって

その不快感の感じ方が違うということも、一つの特徴だと思います。

実際相当こっているのに、自分では全然自覚症状がないという人も

結構いらっしゃいます。

肩こりの原因

ではなぜ肩がこるという症状が現れるのでしょうか。

その原因で一番大きいのはやはり身体の使い方です。

無理な姿勢を続けていると自分では肩の筋肉を酷使しているというイメージがなくても、肩の筋肉は相当疲労して緊張してしまっています。

その結果、痛みが出たり重だるかったりというような症状が出てきます。

元々猫背などで姿勢が悪い人や、長時間のデスクワークのように、

同じ姿勢で長時間仕事をするような人も、

知らない間に肩の筋肉を酷使しています。

このような人も筋肉が疲労して緊張していますので要注意です。

身体の使い方以外には

【骨盤の歪み】

骨盤が歪むことで上半身に歪みが生じ、

肩の筋肉の血行が悪くなることで症状が現れます。

【内臓からのもの】

内臓系の病気があった場合、

全体的な血液循環が悪くなることで症状が現れます。

【目の問題】

めがねやコンタクトが合っていなかったり、テレビやゲーム、

パソコンなどを見すぎて目が疲れた場合、血流が悪くなって症状が現れます。

【噛みあわせの問題】

顎関節や歯の噛み合わせが悪いと、

そのストレスで血流が悪くなり症状が現れます。

【精神的なストレス】

仕事の問題や人間関係などで悩んだり、過度なプレッシャーがかかったりすると自律神経のバランスを崩し、交感神経が緊張することで血流が悪くなり症状が現れます。

【身体の冷えによるもの】

身体の冷え、特に下半身の冷えがひどいと全体の血液循環が悪くなり症状が現れます。

町田さがみ鍼灸整骨院の肩こり施術方法

肩こりがきつくて、たまらず湿布をしたりマッサージなどに

駆け込むような人も結構いらっしゃると思います。

しかし一時楽になってもその場限りで、また同じような肩こりに

悩まされているという人がほとんどではないでしょうか。

なぜこのようなことになってしまうのでしょう。

それは肩こりが肩だけの問題ではないからです。

だからいくら肩周辺の筋肉だけを操作しても、またすぐ元に戻ってしまうのです。

それに強く揉めば揉むほど筋肉が緊張したり、毛細血管がつぶされてどんどん硬くなっていきます。

当院ではまず全体の身体のバランスを整えていきます。

身体の調和が整っていないと一時的に肩が楽になっても、

またすぐに元に戻ってしまいます。

体全体のバランスを整えた上で最後に肩周辺の筋肉を緩めていくことで

日頃から肩こりに悩まされている状態から解放していきます。

肩こりのひどい人は骨盤や脊椎などにも歪みが見られ、

腰や背中の筋肉も硬くなっている人が多いです。

このように全体的な歪みを正すことで肩だけではなく、

身体全体の血流を良くすることをまず考えます。

そしてご自宅で出来る簡単な体操もお伝えしながら、一緒に改善していくというスタイルをとります。

また原因や予防法などにも書きましたが、日々のご自分の姿勢や無理がかからないように適度に休憩をしてもらうこと等、生活習慣のアドバイスも同時にお伝えしていきます。

このように全体的な身体の歪みがとれて血流が良くなり、日々の姿勢に気をつけてもらえば毎日が快適になってきます。

肩こりの予防法

予防法としては、原因をつくらないよう避けることですが、

もう少し詳しく解説していきます。

肩を強く押したり揉んだりしない

肩こりでマッサージなどにかかる人も多いと思いますが、

強く揉み過ぎてしまうと、結果的に筋肉はさらに固くなって血流が悪くなってしまします。強もみを売りにするマッサージ院に勤務していたことがありますが、

すごく肩が凝っている人は強い刺激に対して慣れてしまい、更に強い刺激を受けないと効いた感じがしなっていました。

肩こりを治そうと思った行為が、さらに肩こりを増幅させているということがあります。

強く揉めば揉むほど筋肉は固くなっていきます。ご注意ください。

頑張り過ぎない

同じ姿勢で作業に没頭することで無意識のうちに身体に大きな負担がかかっています。

特に締め切りや時間を守って作業を行うことで筋緊張が高まり肩がこりやすくなります。

目を酷使しない

デスクワークでパソコンの画面を長時間見続けていたり、メガネやコンタクトの度が合っていない場合は早めに合わせるようにしましょう。

身体を冷やさない

夏の冷房をかけすぎたり、薄着で自分自身の身体を冷やさないようにしましょう。またアイスやビールなどの冷たい飲み物なども身体を冷やします。骨盤内の血行が悪い場合、肩に症状が出ることもありますのでお腹は冷やさないようにしましょう。

ストレスを溜めない

肩こりの人は真面目な人が多く、一人で問題を抱え込んでいる傾向があります。また頭が良く勉強熱心です。

ストレスを解消するにはインプットよりもアウトプットが大切です。自分の頭の中だけで考えるだけでなく誰かと会話をすることで問題を共有して客観的に物事を捉えることで解決の糸口が見つかるかもしれません。