逆子の鍼灸効果を感じられない

逆子
Superimposed newborn baby inside the mother's pregnant belly

町田の鍼灸院から当院へ

妊娠33週の妊婦さんが逆子の鍼灸を受けに来院されました。

実は町田にある他の鍼灸院へ通われていたそうですが、鍼灸治療を受けて特に変化はなく逆子も戻らないことから年齢や妊娠週数を考慮してネットで検索したら、妊娠33週を過ぎても逆子が戻った感想が多数あったので当院へ変更されたそうです。

逆子で鍼灸治療を受ける女性の9割以上が鍼灸治療を受けるのが初めてなので、最初は鍼灸に関して不安なことを取り除いてあげるために説明をするのですが、既に他の鍼灸院で施術を受けていたので鍼灸に対する不安がなかったのでスムーズに施術をすることが出来ました。

身体全体の状態を確認する

これまでの経過のお話を聞いた後、身体の状態を確認するためにベッドに横になってもらいます。そこで左股関節の問題を指摘すると見ただけでわかったことに驚いていました。

前の鍼灸院では指摘されませんでしたか?と聞くと、自分から話して確認しただけだったそうです。

治療法の違い

靴下を脱いでもらい足を確認してみると何箇所かお灸をした痕がありました。

通常なら骨の際にある有名なツボなのですが、どうやら骨の真上にお灸をしていたようです。

決してツボの位置が違うから、その鍼灸院がダメという訳ではありません。

当院でも教科書通りの位置にあるツボを使う訳ではなく、クライアントさんの身体の状態を確認しながら数ミリ単位で反応を確認します。

なぜなら反応のないところに施術しても効果を引き出すのは難しいからです。

他の鍼灸院では、お腹に鍼治療をしていたそうですが当院では手足のツボに鍼灸施術するので安心してもらえました。

逆子鍼灸

今回はカウンセリングであった便秘や寝付きの悪さを考慮して鍼治療から始めていくと、これまで受けた鍼治療にない反応に驚かれています。

お灸もこれまでのツボの位置から修正して施術すると胎動が起こり驚かれていました。

逆子の鍼灸治療を謳っていても、実際に逆子に対応している鍼灸院も少ないので、逆子になった妊婦さんが鍼灸院を探すのも大変かも知れません。

迷ったときは相談も受付けていますのでLINEでお問い合わせ下さい。

料金

出産まで時間に限りがあります。逆子は一刻も早い施術が望まれます。当院では日本初の逆子鍼灸通い放題を実施しています。出産まで何回通院しても料金は22,000円です。自宅で行う温灸もプレゼントしています。詳しくはこちらをクリックして下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました