看護師の妊活

11月末日に未妊クライアントさんから感想を頂きました。

そのなかで本当に大事なことが書かれていて驚きと同時に嬉しかったです。

 

ネットの妊活情報に惑わされない!

ネガティブなことに焦点を当て、それが魔法の杖でも使ったような結果が出ましたっていうと気持ちが揺らぎます。ネットでみんなが言ってるから、こうすれば妊娠するかもって錯覚しちゃいそうです。あれダメこれダメという情報に振り回されている人も多いです。

医学の限界

不妊を専門とする産婦人科であれば、高度生殖医療として人工授精や体外受精を受けることが出来ます。

しかし、私の鍼灸整骨院では体質改善やコンディション向上を目的としています。

つまり直接妊娠する医療行為は行えないが、体質改善やコンディション向上が結果として授かりやすくなるのです。

当院の特徴として医療従事者が多く通院されていることです。

今回アンケートを書いてくれた女性も看護師です。

医療従事者は医学の限界を知っています。

人生の主人公は自分であり、自分が行動しなければ何も変わらないことを自覚しています。

医療従事者は責任感が強いです。

自分のミスが人の命に影響することもあるからです。

そのため会社から指示された仕事をするだけではなく、主体的な言動が見受けられます。

普通って何?

アンケートには、ネットには普通のことが載っていないと書かれていました。普通って言葉が1番あやふやなことだと考えています。

先日、漢方のアドバイス受けに来た女性に「体調はいかがですか?」と尋ねると「普通です」と返ってきました。

よくよく聞いてみると、手足が冷える・カイロが無いとお腹も冷える・肩がこる等、後からいろいろ出てきます。手足が冷えず肩がこらない人にとっては普通じゃないですよね。

普通ってすごく主観的で怖いなって思うんです。客観的に見たらどう考えても普通じゃないのに本人は普通って言い切るんです。

妊活においても普通に性交渉があれば約20%の割合で妊娠するそうですが、普通にしても妊娠に至らないから不妊治療があるわけです。そうしたことを医療従事者は知った上で東洋医療を受けに来てくれる訳です。

不自然から自然へ

自然に妊娠するには不自然な状態から自然な状態に戻ればいい。

特別なことって何か惹きつけられるけど、当たり前のことって見過ごしやすいですね。

自分は、自分が、と自分基準にこだわらず、赤ちゃんにしてあげたいことを自分にしてあげれば、本来の身体の機能が高まると考えています。

体験会を実施しています

初めての人でも気軽に相談できるよう妊活体験会を実施しています。

施術内容は・カウンセリング・鍼灸整体・よもぎ蒸しです。

1日限定2人まで受付、完全予約制です。

申し込みはこちらをクリック