スポンサーリンク

妊娠中はリラキシンというホルモンによって骨盤が緩み広がりやすくなります。

産後にホルモンの分泌量は徐々に少なくなっていき骨盤も締まっていきますが、ホルモンの分泌が止まったら直ぐに骨盤が引き締まるわけではないので産後3ヶ月から6ヶ月の時期に骨盤ケアをしておくことが大切です。

赤ちゃんを抱っこしたりすると骨盤にかかる負担は大きなものです。
その状態で家事も行うので完全に骨盤が安定するまでは注意が必要です。

元々、骨盤が歪んでいる人は特に気をつけてください。
妊娠中に腰痛や逆子で来院される方の足先を見ると左右の向きが違う人が意外と多いのです。

原因の多くが股関節の可動域に問題があります。関節の動く範囲に左右差があるので足の向きも違ってくるのです。

早い段階でケアしておくことで腰痛、股関節痛、尾てい骨痛を防ぐことが出来ます。

靴の踵のすり減り方に左右差があったり、歩き方に違和感を感じたらすぐにご相談下さい。