スポンサーリンク

夏になると気温30度を超える日も増えます。そんな暑い中、身体は冷えてしまう人も増えていきます。漢方では、気が不足する気虚(ききょ)、血液の流れが悪くなる瘀血(おけつ)、水の流れが滞る水毒(すいどく)によって冷えることがあります。

入浴

夏は簡単にシャワーで済ましがちですが、湯船に浸かった方が身体は温まります。意外と足先が冷房で冷えて血行が悪くなているので湯船の中で足の指1本ずつ揉んであげると効果的です。

睡眠

自律神経の働きを整えるためにも夜更かしは厳禁です。また冷えることを恐れてクーラーを控えてしまう人もいますが、就寝時はクーラーの風が当たらないように気をつけて使えば大丈夫です。その際はタオルケットではなく、しっかり布団をかけて寝ましょう。

ツボ

足のツボを押すことも血行を改善して体を温めるのに効果的です。膝下の骨内側をゆっくり押してみましょう。ツボとツボを結ぶライン経絡であり、血管の通り道でもあります。

漢方薬

当帰四逆加呉茱萸生姜湯、人参養栄湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、桂枝茯苓丸、温経湯、苓姜朮甘湯を使うことが多いです。体を温め冷えに効く漢方として使われます。

 

夏冷えは予防と対策が大切です。ぜひ試してみてください。