スポンサーリンク

先月から10年以上前に施術をした女性が子供と一緒に通院しています。今回は交通事故に遭ってしまい全身怪我をしてしまい、つらい症状を早く解消したいと思い当院の公式LINE@にメッセージが届きました。実際に確認してみると打撲やねんざで仕事に行くのも大変そうな状態です。そんな状態なので仕事に育児にも気を使い精神的にも疲れ果てているようでした。そこに追い打ちをかけたのが保険会社の担当者です。どうやら言葉による対応にトゲがあるらしく「先生、保険の担当者を変えてくれませんか?」と相談されました。当院が保険会社の担当者を決めているわけではないので変更することは出来ません。しかし、色々話を聞いていくうちに身体の痛みについて今後の改善や仕事完全復帰に向けた計画などを話しているうちに気持ちが楽になっていったようです。交通事故に遭うと身体的な損傷だけでなく、精神的な負担もあります。そのため身体的、精神的な支援だけでなくアフターフォローが大切だと考えています。

通院する上で確認したいこと

健康保険で施術しているだけでなく、自費施術をしているかどうかを確認しておくとです(施術のオプションで延長のマッサージや背骨矯正をしているところはやめておきましょう)。交通事故の怪我は繊細な施術が必要です。そのため最初から最後までマンツーマンで施術をしているところの方が丁寧で親身になって施術してくれます。

今回、交通事故の怪我で来院された親子は10年以上通院していませんでした。交通事故の怪我が初めてだということで連絡をくれました。それはお互いの信頼関係がなくては相談してくれることもなかったと考えます。時々、交通事故専門という言葉を掲げている整骨院もあります。実際そんなことはなく、健康保険を使った電気治療器とマッサージ施術を行なっている整骨院がほとんどではないでしょうか。健康保険を取り扱っている整骨院の是非はおいて、交通事故では自賠責保険です。交通事故は、自由診療なので普段整骨院で流れ作業のように行なっている施術ではそもそも無理があるんです。電気治療で改善するなら家電量販店で低周波治療器を購入すれば通院の手間が省けます。人が人を治す上から目線ではなく、回復していくために阻害要因を取りのそいてあげ、寄り添っていくことがもっとも大事だと考えます。交通事故の怪我の程度は様々です。大きな怪我をした時ほど社会復帰に不安を感じることもあります。不安は未来のことですから誰にもわかりません。しかし、今をしっかりと出来ることをやれば変化から改善の道筋が見えてきます。通院を選ぶなら事前にネットや電話で相談できると思います。ぜひ困った時に役立ててみてください。