<div class=””al-c”” style=”text-align: center;”>スポンサーリンク<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script><ins class=”adsbygoogle” style=”display: block;” data-ad-format=”fluid” data-ad-layout-key=”-fb+5w+4e-db+86″ data-ad-client=”ca-pub-3871541942149705″ data-ad-slot=”1855535868″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script></div>

梅雨から夏にかけて何となく身体がダルかったり、疲れが抜けきらない悩みを相談されます。

日本の気候は梅雨から夏にかけて高温多湿です。日中の気温は30度を越え、建物内ではエアコンが効いている状態で人間の身体は体温を一定に保つために自律神経が機能していますが、環境の変化の影響によって乱れてしまうことにあります。

暑くなり汗をかいて体内の熱を放出して体温を一定に保っていますが、身体から水分と塩分が失われ脱水状態になります。

大事なのが水分補給です。目安は1日およそ1.8~2リットル。汗から失われるのは水分とミネラルなので、水+ナトリウムが含まれる物が適しています。

また、睡眠をしっかり取ることも大切です。

エアコンを上手に使って寝室の環境を整えましょう。

身体のの深部温度とともにエアコンの影響で身体の表面温度が下がることで血行が悪くなり朝起きた時のダルさを引き起こします。

逆に身体が冷えるからといってエアコンを使わずに寝苦しい夜を過ごす人もいますが、かえって睡眠不足になりがちです。

解消法としては直接風が当たらないようにして、長袖のパジャマを着て布団をかけて寝るとぐっすり眠れます。

睡眠時も体内の水分を失われやすいので、就寝前には水分補給も忘れないようにしましょう。

栄養補給としてはビタミンBが疲労回復に役立ちます。多く含まれる食材としては豚肉です。

水分・睡眠・栄養の3つを意識して夏バテを解消しましょう!