不妊症は病気ではありません。

 

不妊症は病気ではありません。

一般の病気は頭が痛いとかお腹が痛いとか、どこか腫れているとか、何か症状があってそれに従って検査をし、原因が判明し、診断がつき、診断に従って治療をします。



しかし、不妊症は根本から違います。

痛みも不快感もなく、検査でわかることはあまりに少ないため、原因の特定が難しいのです。精子も卵子も異常がないのに授精できない時もありますし、細胞分裂しないこともあります。排卵があっても、卵子が入っている袋(卵胞)の中の卵子が無かったり、すでに変性していることもあります。

ですから、不妊症の原因に関しては、妊娠に至る過程の段階での何らかの障害があると想定します。それを排卵障害とかピックアップ障害、授精障害、卵管障害、着床障害といった呼び方をします。


また、卵自体の問題もあります。卵の質が落ちていて、赤ちゃんまでいけない卵、染色体異常がたくさん発生する場合もあります。


妊娠できないのはなぜか、どこが悪いのか、何が原因なのか、多くの方はそういうことを気にします。


しかし、不妊症に関しては検査の結果は正常だったり、仮に何か見つかっても本当の原因までは特定できないことがほとんどです。

何かしらの原因があって、そのプロセスで障害が起きているのですが、今の医学ではまだ全部解明させていないのです。