坐骨神経痛の予防策

 

 

さがみ鍼灸整骨院の奥田真以です。

昨日は坐骨神経痛と、その原因について書きました。

今日は坐骨神経痛にならない予防策と、なった場合の注意点について書きたいと思います!

 

 

〜 坐骨神経痛を予防をするには 〜

一番はこの状態になる前に慢性疲労を解消するのがベストです。

そのためには、軽いマッサージやストレッチを行い、温泉に浸かる、足湯をするなどして血行を良くして疲労を抜きやすくすることが未然にこの症状になるのを防いでくれます。

 

 

〜 坐骨神経痛になってしまった場合 〜

疲労を抜くなどした上で、安静な姿勢を探すことが一番です。

安静な姿勢を探すと硬くなった筋肉が緩みやすく、その緩んだ姿勢で楽にしていると徐々に骨格の歪みが解消されてきます。
逆に無理をして良い姿勢を取ろうとすると症状の増悪を招くので注意が必要です。

 

 

一番は『症状が出ないこと』です。
そのためには定期的なお身体のメンテナンスが大切です。

何か身体で気になること、不安なことがありましたら、いつでも当院にご相談ください。