先日、ぎっくり腰で来院された男性がいました。

身体を確認してみると、腰だけでなく右肩は挙がらず、

首の動きも上を見上げる角度がないのですが自覚がなく、

写真を撮って見せると気付いてくれました。

うつ伏せになってもらい鍼治療を首・骨盤・下腿にしました。

仰向けになり骨盤の動きを確認すると、まだ左右差があります。

そこで操体法で楽な方向へ身体を動かしてもらいます。

すると、骨盤の動きが広がりスムーズです。

首の調整をすると睡眠と覚醒の中間にあたる感じでウトウトされていました。

座ってもらい肩の動きを確認すると挙がらなかった右腕が上がるようになりました。

最後に足の操法を行うと途中で痛みが出てきました。

逆の動きをしてもらうと、そちらも痛いとのことなので、

やはり最初の動きをしてもらうと本人も驚くくらい痛みが無くなりました。

体調が3から8に上がったとのこと。

仕事で海外に行くことも多く、

毎年仕事が忙しくなると、ぎっくり腰になるとのこと。

年齢とともに日頃のボディメンテナンスが大切になってきますね。

当院は身体の回復の仕方を覚えてもらう鍼灸整体院です。