電話で逆子のお灸について質問がありましたので紹介します。

昨日、別の鍼灸院へ行ったところ足首のツボをお灸をされたそうです。その部分が水ぶくれになってしまったので、こんなことありますか?という質問でした。

大きさを聞くと5mm弱の大きさとのことで少し大きいです。肌の性質や刺激量によっても違うので、どれくらいの回数のお灸をしたのか?聞いてみると30回くらいされたそうです!

ちなみにお灸の跡は半年間消えないと言われたとのこと

そして昨日治療を受けて、明日も治療を受けないと駄目だと言われたそうで、通院できないことを伝えるともぐさと線香のセットを購入させられたとのことです。

話を聞いていくうちに、何か嫌な気分と同時に申し訳ない気持ちになりました。

逆子で悩んでいる妊婦さん達の鍼灸師に対するイメージが悪くなるのが本当に心配です。

他の鍼灸院で受けた施術の疑問に対して1つずつ対応させてもらいました。

私も年間100人を超える逆子の妊婦さんの施術をしていたことがあり、妊娠32週前後の人がほとんどでした。それから料金を上げていき、最近では妊娠35週前後の妊婦さんが増えました。意外と多いのが帝王切開の予約がすでに入っている妊娠36週の人です。他で治らなかったケースや妊娠後期で逆子になった人など難しい症例が増えました。

遅いよりは早い方が逆子も戻りやすいのですが、妊娠30週前なら自然と戻ることがありますので安心して下さい。

もし妊娠30週を過ぎても逆子なら、予約の前に一度電話で相談してみてはいかがでしょうか?

当院には他の治療院から紹介を受けることもあります。対応していないところなら紹介してくれることもあるのです。

不安から藁をもすがる思いでネットで検索して見つけた情報だけで判断するのはこわいと思ったケースでした。