首肩のコリが強くなると頭痛まで発症される人がいます。その多くが筋緊張型の頭痛です。さらに酷いと吐き気やめまいになる人もいます。

めまい.jpg

一般的に原因は3つ考えられます。

1つ目は頭の中にある小脳、2つ目は耳の奥にある三半規管、3つ目はストレスです。

多くは三半規管が浮腫んでいる状態で耳鼻科では利尿剤を処方されます。

今回、来院された女性は待合の椅子に座るなり目を閉じています。前のクライアントさんの施術を終えて、ベッドへ誘導案内すると目が充血しています。話を聞いてみると朝起きた時からめまいがするとのこと。仕事は休めないから何とか我慢して乗り切ったとのことです。

身体の状態を確認してみると、右下腹部の圧痛があり脈が弱々しい感じです。また右の鎖骨下が硬く、左の肩と右の首にも痛みがあります。

まず目とお腹を温めていきます。

次にうつ伏せになってもらい首を確認すると、右の首筋だけが盛り上がっています。

右の首、右の背中、左の仙骨に刺鍼して、さらに足元を温めます。

すると右の首筋の盛り上がりが消失。

最後に首を伸ばすと目の開きがスッキリぱっちり!1日中めまいに悩まされていましたが改善しました。

ストレスによる自律神経の乱れが三半規管に影響することもあるので、漢方薬であれば五苓散(ごれいさん)を活用します。緊張が身体に現れているなら弛緩させる鍼灸や操体法がお勧めです。

状態が長引くこともあるので症状が現れたら早めのケアをしましょう!