腰痛・股関節痛・恥骨痛・尿漏れ・痔など

産後の骨盤矯正に来院される女性は骨盤周囲の痛みや不快感を感じて予約されます。

fffb4dc08045494bd224aa03f5d6f866_s.jpg

出産してから様々な症状が現れたと感じていますが、

実は産前から異常が現れていることがあります。

さがみ鍼灸整骨院には、産前の腰痛や逆子の妊婦さんが来院されます。

カウンセリングを終えて、ベッドに横になってもらうと一目で異常を見つけることが出来ます。

それは足先の向きです。

左右の足の開き方が違うのは股関節の可動域が狭く硬くなっている証拠です。

つまり足が開いている側ではなく、閉じている側が硬くなっているのです。

股関節が硬くなると骨盤の動きが滑らかに動くことが出来なくなり、

腰椎にも負担が掛かるようになります。

出産後は骨盤底筋は緩くなり筋力が低下しているが、

股関節は硬くなっている状態で赤ちゃんを抱っこすると負荷の逃げ場がなくなり、

痛みとなって症状が強く出るのです。

産後の骨盤ケアも大切ですが、

産前に予防しておくだけで歪みを最小限に抑えられます。

さがみ鍼灸整骨院は、うつ伏せじゃない姿勢で施術が受けられるので

お腹を圧迫しないので妊婦でも通院出来ます。