2月も後半になりました。
まだ寒い日が続くので気が抜けません。
インフルエンザも気をつけなくては!

今週はスタッフからバレンタインにチョコレートをいただきました。

バレンタインチョコレート

私の大好きなアーモンドチョコレート10個+おっぱいチョコ!
同じものを10個とは私の好みを熟知しているスタッフは流石です!!
治療院も方針やスタイルが知れ渡ったせいか?
必要な人だけが通ってくれています。
以前はアポなしで突然来院されることもありました。
本日久しぶりにちょっとズレた問い合わせがありました。
ゆっくりした口調の男性からで要約すると
  • 健康保険は使えるか?
  • 料金はいくらか?
  • 施術時間は?
どうやって当院を調べたのか聞くのを忘れましたが、
健康保険は取り扱っていないし料金もホームページなどに明示しています。
おそらく一般的な整骨院と勘違いしているようです。
そこで改めて健康保険を取り扱わない理由を説明すると、
急性の捻挫や打撲などしか保険請求出来ないからです。
肩こりや腰痛は保険請求出来ません。
おそらく90%以上の整骨院の保険請求はグレーまたはブラックです。
不正請求はしたくないから取り扱っていません。
また完全予約制にしている理由は、
電気治療→マッサージ→矯正orマッサージ延長といった
流れ作業をしたくないし、自分たちが受けたくないからです。
一人ひとり丁寧に最初から最後まで責任を持って施術をしたいから
完全予約制にしています。
当院には独特なルールを紹介します。
  1. 保険は取り扱わない
  2. 電気治療機は使わない
  3. 温灸は使わない
1の保険を取り扱わない理由は説明した通りです。
2の電気治療機は使わない理由は衛生的でないからです。
多くの整形外科や整骨院の電気治療機(低周波・干渉波)で使うスポンジは水で濡らしておかないと患部に通電できません。また、消毒をしていないので1日に何人もの人が使ったのを使い回しています。つまり、スポンジには汗や皮脂や汚れが濡れた部分に付着しているということです。
3の温灸は誰でも簡単にドラッグストアで購入でき、自分で出来ます。
それならわざわざ鍼灸院でやる必要がありません。
当院では本物のお灸をするために最上級のもぐさを使用しています。
正直、一般的な整骨院からしたら面倒なので絶対にやりたくないことです。
それでも当院がこだわるのは必要な人に本物を提供したいからです。
漢方薬を取り扱っているのもこだわりの一つです。
こうしてみると、こだわりばかりで堅苦しそうですが
意外とそんなこともなく、むしろ医療関係者や症状が重い人には喜ばれています。