川崎市在住 34歳女性 Oさん 会社員
Oさんは花粉症などのアレルギーがあり、
毎年春先はツライ思いをするそうです。
今年も2月中旬頃から花粉症でくしゃみや鼻水の症状が出てきました。
ただ今年は例年に比べると症状が軽く、「薬を飲まなくても耐えられる程度」とのことでした。
でも毎朝起きるとくしゃみや鼻水が出て、
時間が経つにつれ落ち着いてくるそうです。
その日も朝からくしゃみを連発していたそうです。
しかし、いつも通りに出勤しデスクワークをこなしていたOさん。
何気なくくしゃみをしたその瞬間に腰がピキッとなったそうです。
そしてそこから徐々に腰が痛くなってきて、
身体を真っ直ぐに起こすのが一番ツラくなってしまいました。
なので歩く時も、軽く腰をかがめて歩くのが精いっぱいで、
スタスタとは歩けませんでした。
そこで鍼灸治療と整体治療を組み合わせ、治療しました。
初めは動くのが恐る恐るだったOさん。
身体をひねるのも仰向けに寝るのもおっかなびっくりでした。
でも楽な姿勢で、痛いところは触らずに鍼灸治療を進めていくと、
「あれ?さっきより楽です。仰向けになれます。」
と治療途中に変化に気づいたOさん。
そこから徐々に身体を動かす整体治療を組み合わせていきました。
ゆっくりゆっくり無理のないよう、
Oさん自身に身体を動かしてもらったのです。
 
そして、Oさん自身も恐る恐るだった動きが自信を持って動けるようになってきたところで、
起き上がってベッドに座ってもらうと
ピーンと背筋の伸びた良い姿勢に。
「なんか、私真っ直ぐな気がするんですけど。」とビックリ顔のOさん。
そこで治療を終え、着替えてもらい
受付で待っていると、来た時とは大違いのスタスタした足音が。
Oさんも「初めは来るの迷ったけど、来て良かったです。
身体が軽くなったし、動くのが怖くないです!」
と嬉しそうな笑顔で話してくれました。
季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもあります。
特に連休明けのこの時期はたまった疲労から、思わぬ症状が出てくることも少なくありません。
何か違和感を感じたら、放っておかずに早めの治療を
おススメいたします!
お気軽にご相談ください!
042-722-5885
※免責事項
お客様個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。