厚木市在住、78歳女性のMさん。

趣味は旅行で、
今年の夏は船で日本一周に行ってきました。

旅行中は移動で座っていることが多かったためか、
背中に痛みが出てきてしまいます。

旅行から帰ってきて、
すぐに当院に来院されました。

お身体の状態を診てみると、
加齢からか、背中が丸まってしまい、
見るからに背中が辛そう・・・。

肩や首を動かしてもらっても、
ほとんど動かすことはできません。

Mさん本人も、
「ここ数年でどんどん背中が丸くなってきちゃった・・・」
「それからずーっと背中が重たいんです。」
とのこと。

背中の丸まりが強いので、
枕無しで仰向けで寝るのが辛いらしく、
「最近は高い枕じゃないと眠れない。」
ともおっしっていました。

治療としては、
整体治療をして、
背骨を整え、肩甲骨の動きを良くしていきました。

1回の治療でも、相当な変化が出て、
「なんか目線が高くなった気がする!」
と驚いていました。

しかし1回の治療で、
長年かけて作られた身体の歪みは取れきれません。

その後、
2ヶ月ほど集中的に治療を続けていきました。

すると、先日来院された時に、
「お友達から、姿勢が良くなったね!って褒められちゃいました。」
と嬉しそうに報告をしてくれました。

確かに、来院し始めた頃と比べると、
だいぶ姿勢が良くなり、
背筋をまっすぐ伸ばして立てるようになりました。

Mさん本人もおっしゃっていましたが、
「街中で、背中が丸まった年寄りを見かけるけど、ああはなりたくないね!」
「ああなると見るからにおじいちゃんおばあちゃんって感じだもんね。」
とのことです。

年を重ねていくうちに、
知らない間に少しずつ背中が丸まってしまう方が多いです。

背中が丸まってくると、
見た目はかなり老けて見えてしまうので、
Mさんもそうはなりたくないと、
頑張って通院をされています。

骨が変形をしてしまったら、
姿勢を元通りに戻すことは出来なくなります。

できるだけ早い段階から整えておく必要があるので、
背中が張ってきたり、
誰かから姿勢のことを指摘された際には、
すぐに治療を受けるようにしてください。