厚木市在住、70代女性の主婦。

2,3年前から脊柱管狭窄症と診断され、
長い距離を歩くと腰や足に痛みが出てきてしまいます。

数分間休むと、痛みが引きますが、
歩いたり休んだりの繰り返しになってしまっています。

最近では、右足全体が常にシビレが出てきてしまっていたので、
病院で診察を受けると、
坐骨神経痛と診断を受けました。

特に治療などは行わなかったため、
当院に来院。

身体の状態を診てみると、
右の背中から腰にかけての筋肉の張りが強く、
右足全体にも強い張りが出ています。

右ひざのお皿(膝蓋骨)を少し動かそうとしても、
固まっているため動きません。

なので、
まずは鍼灸治療をして筋肉を緩めていきました。

鍼灸治療の後、
立ちあがって足の状態を確認してもらうと、
「シビレが無いです。軽くなりました!」
と喜んでいただきました。

そして、
O脚になっていたり、骨盤の歪みも強かったので、
整体治療をして、
身体全体を整えていきました。

帰りには、
まっすぐ立って歩けるようになり、
笑顔で帰っていかれました。

今後も定期的な治療をしていくと、
腰にかかる負担も減るため、
脊柱管狭窄症の症状も良くなってくるはずです。