厚木市在住、40代男性の会社員。

趣味でランニングやバレーボールを週に1回程度行っています。

今まではケガとは無縁だったそうですが、
最近になって左の膝に痛みが出てくるようになりました。

特に、バレーボールでブロックやアタックをする際、
痛みが強く出てしまいます。

膝も曲がりにくくなってきてしまったので、
正座が出来なくなってしまいました。

お話を聞いていくと、
徐々に体重が増え続けていて、
ここ一年で5キロ程増えているそうです。

以前、膝の痛みで病院に行った時も、
医師から体重を落とさないといけない。
と指摘されました。

実際に来院されて膝の状態を診てみると、
太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が硬くなっていました。

更に太ももの外側の筋肉(大腿筋膜張筋)も硬くなっています。

どちらの筋肉も左側が異常に硬くなっており、
膝の動きも制限されている状態です。

立っている姿勢を診てみても、
全体的に重心が左側に寄っている状態です。

本人は気づいていないようでしたが、
写真を撮ってみてみると、驚いていました。

なので、
治療としては、重心の左右のバランスを整えるために、
整体治療を行いました。
そして、硬くなっている太ももの筋肉も緩めて、
膝の動きを良くしていくと、
正座が出来るようになりました。

あとは、この状態をキープ出来れば、
左の膝への負担が分散されてくるので、
今までみたいな痛みは出にくくなってきます。

もちろん、体重が軽いほうが膝にかかる負担が減ってきます。
しかし、すぐに体重を落とすのは時間がかかります。

まずは身体のバランスを整えておくと、
早期に膝の痛みを改善することができます。

膝の痛みでお困りでしたら、
ぜひ、お早めに相談してください。