バスケットボールで痛めた足首、治療後はスッキリ!

スポーツ外傷

厚木市在住、10代男性の高校生。

中学、高校とバスケットボールをしていて、怪我には悩まされてきたそうです。
特に足首の捻挫は左右とも何度も繰り返しており、クセになっています。

腰の痛みも気になる。
ということで当院に来院されました。

まず身体の状態を診てみると、
足首の骨が若干歪んでいるように感じました。
感覚でいうと、足首が開いてしまっている状態です。

何度も足首の捻挫を繰り返している人は、
若干ですが、足首が開いてきて、関節自体が緩くなってきているような状態です。

腰の方は、特に右側に痛みが出る。
ということだったので、状態を診てみると、
確かに右側の腰の筋肉がかたまっています。

さらに右側の股関節の動きもかたくなっているため、
骨盤自体も歪みが出てしまっているような状態でした。

話を聞くと、足首の捻挫をするようになってから、
腰の調子が悪い。とのことでした。

身体の状態を診ても、足首の歪みから、骨盤も歪みが出てきて、
腰に負担がかかっているような状態です。

なので治療としては、
まず足首の歪みを整えていきました。
整えていくと、足首が締まっていき、実際に立って歩いてもらうと、
「なんだかしっくりくる感じです。」
とのことでした。

そして、骨盤を整えて股関節の動きを左右均等にし、
鍼灸治療で腰の筋肉を緩めていくと、
帰りには、「身体の痛みが減りました!」
と喜んでいただきました。

特にバスケットボールは、
足首を捻挫することが多いスポーツです。

捻挫をして、しっかりと治療をせずに、そのままにしていると、
骨盤や腰に負担がかかり、他のところが痛くなってしまったりします。

まず捻挫をしてしまったら、
しっかりと治療をすることと、
足首の捻挫がクセになってしまっている方は、
しっかりと整えていくことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました