バレーボールで痛めた膝が、鍼灸治療で改善!

スポーツ外傷

厚木市在住、40代男性の会社員。

趣味で週に1度、バレーボールをやっています。
1ヶ月ほど前から膝に違和感が出始めましたが、
特に気にせず続けていたら、痛みへと変わってきました。

そして、
痛みを我慢してバレーボールを続けていると、
腰や足首までも痛みが出てきました。

病院に行って検査を受けますが、
特に異常はなし。
湿布と痛み止めを出してもらいましたが、
一向に良くなりません。

しっかり治療を受けたい。
と思い、当院に来院されました。

身体の状態を診てみると、
左足全体の筋肉が硬くなっています。

本人に話してみても、
身体の重心が左側に傾いていると思う。
とのことでした。

特に太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の張りが強くなっていて、
膝のお皿(膝蓋骨)の下に痛みが出てしまうそうです。

ここは膝蓋靱帯といい、
バレーボールなど、ジャンプなどを繰り返していると、
負担がかかり、痛みが出てしまいやすいところです。
「ジャンパー膝」とも呼ばれます。

なので、治療としては、
鍼灸治療をして、痛みの出ているところと、
太ももを緩めていきました。

すると治療後には、
「あれ?痛くないです!軽いです!」
と驚いていました。

最初の治療でだいぶ症状は改善しましたが、
今後は身体のバランスも整えていかないと、
また負担がかかり、痛みが出てしまうことがあります。

スポーツをされる方は、
ぜひ日頃からの身体のケアはしっかりと行っておいてください。

タイトルとURLをコピーしました