秦野市在住 30歳 女性 Tさん

「今朝から急に首の痛みが出てきて、上を向くことや左を向くのがツラい。」
とTさんから当院へ電話があったのは午前中だったが、
あいにく予約がいっぱいで夕方の来院となった。

来院時のTさんは首の痛みから、身体全体の動きがロボットのようにぎこちなく、
左腕を挙げるのもツラく、左に人が立っても向けない状態。

湿布を貼ったり、塗り薬を塗ってみるものの
痛みの改善は見られず、昼過ぎに痛みどめを飲んだとのこと。
そこで鍼灸治療を行いました。

治療中「やっと呼吸が楽になってきました。
痛かったせいか呼吸が苦しくて、気持ち悪くなってもいたんです。」とTさん。

そしてTさんから
「私、きっと身体ゆがんでますよね…
今日、仕事中パソコンやってても左肩が前に出てるのが
自分でもわかるくらいだったんです。」
と言われました。

確かに今日のTさんは猫背がひどく、前傾姿勢。
特に左肩は巻き込むように内側に入っていました。

そこで鍼灸治療の後、整体治療もプラスし、姿勢を正していきました。

治療後には「あっ、左が向ける。これなら左に人が来ても大丈夫です。
髪結ぶのも朝はツラかったけど、今は大丈夫。」と笑顔でおっしゃられました。
当院にはギックリ腰や寝違えなどの患者さんがよくいらっしゃいます。

急性期の痛みにはTさんのように痛みどめや湿布で対応される方も多いと思いますが、
「今すぐどうにかしたい!」という方には鍼灸治療をおススメいたします。